指導方針

指導方針

  • 基礎をしっかり身につけます。「わかる・できる」まで丁寧に指導します。

    耳コピで鍵盤の場所を丸暗記…では、本当の実力は身につきません。
    レッスンでは、読譜力を強化する為のソルフェージュ(音符の読み書き・聴音・視唱・リズムうち等)を組み込み、正しい姿勢、テクニックを養い、音楽的感性を磨くことで、弾きたい曲に挑戦する実力を身につけます。

  • ステージ経験を通じて、「成長する喜び」を味わえるように指導します。

    「失敗は成功のもと」、ステージ経験から学ぶことで、上達を目指します。
    発表会だけでなく、ピティナ・ステップ、各種コンクール等のステージ経験を通じて、目標を持ってレッスンに取り組むことにより、年齢に関わらず「成長する喜び」を味わえるようにします。

  • 「表現する喜び」を味わえるように指導します。

    単に音の羅列では音楽表現とは言えません。そこに演奏者の想いがあってこそ、「生きた音楽表現」になります。個性豊かな音色にこだわったドイツ流レッスンで、「自分はどう弾きたいのか」を実現できるように、専門的な視点からもアドバイスをします。

 

お問い合わせフォームはこちら